お金の知恵袋

節約生活にはまずお財布の見直しから

節約して貯蓄にお金を回したい!
定期的にこのように決意しては、そのたびに挫折している方も
多いのでは。

 

節約してお金を貯めるには、いわゆる節約術や家計簿管理など、
結構面倒なことに取り組まなければならない、というイメージ
があります。

 

このため、どうも重い腰がなかなか上がらず、結局いつもと
同じようにだらだらお金を使い続ける結果になっている人も
多いのではないでしょうか。

 

そこで、まずはお財布の見直しをご提案します。

 

あなたはどんなお財布を使っていますか。

 

世間では、「お金を貯めたいなら長財布」というキーワード
をよく耳にします。

 

確かに、長財布の方が紙幣を綺麗に保つことができて、お金
に優しい財布と言えるでしょう。

 

ただ、生活様式は人それぞれで、長財布では不便だという方
もいるかもしれません。

 

私は、長財布でも二つ折り財布でも、どちらでも構わない
と思っています。

 

どちらのタイプの財布を使おうが、整頓されてムダのない
財布になっていることが肝心だと思うのです。

 

ご自分のお財布を見てみてください。
ほとんど使わないお店のポイントカード。
1年以上にわたって財布から出していない割引券などが出て
きませんか。
ノリで作ったクレジットカードが何枚も出てきたり、普段
まず使用しない銀行のキャッシュカードが出てきたり。

 

お財布の中身を把握できていない状態なのに、家計の管理
など、できるわけがありません。
まずはここから見直しましょう。

 

持ち歩くお財布に入れておくものは、最低限でいいはすです。

 

キャッシュカードは1〜2枚。
クレジットカードも1〜2枚。
最近のキャッシュカードはクレジットカード機能付きなので、
キャッシュカードとクレジットカードを合わせて2〜3枚で
いいかもしれませんね。

 

健康保険証と運転免許証。
これは携帯必須ですね。
診察券の類は、現在通院しているもの以外は家に保管して
おけばいいでしょう。

 

あとは、通勤途上などによく行くお店のカードは常に携帯
していてもよいでしょう。

 

お金以外はこんなところでしょうか。

 

そして、肝心のお金ですが、お札は額の順に頭を下側に
入れます。
よく、そうすればお札が出て行きにくいようにできるから、
などと言われていますが、実際、向きと額をそろえておく
ことは、残額を把握する上で無駄ではありません。

 

また、小銭入れにはできるだけ小銭を入れないように
しましょう。
小銭が多いと、お財布がぱんぱんになるだけでなく、
現金支払いの際に小銭から使っていくようにすることで、
お札が出て行くのを防ぎ、お財布に残っている現金を把握
する習慣ができます。

 

小銭で払うのが面倒だから、とすぐお札を崩していると、
どんぶり勘定を誘発します。

 

どうでしょう。
このくらいのことなら、いざ節約!と意気込まなくても、
今すぐ始められそうではないですか?

 

ほんの些細なことと思われるかもしれませんが、節約は
心掛け次第です。
すぐできることから始めていきましょう。