お金の知恵袋

実家にいるからこそお金を貯める!ポイント

実家暮らしの独身というのはどうしても気楽なので
ついついお金が溜まらないという方が意外と多いのです。

 

というのも、そもそも大人一人が暮らすには
光熱費から始まり諸費用が出ていくのですが
それを全部親が肩代わりしているという危機感の無さが
根本としてあるからです。
そして何より、一人暮らしに伴う孤独と責任感と
隣り合わせの生活とは全く無縁のほんわかとした
日々というのは様々な点においてお金を貯めようという
ハードルが下がってしまいます。

 

ですので、実家暮らしのありがたみをしっかりと
感じるからこそきちんと貯金をすることが大切です。

 

ではどのようにすれば良いのでしょうか?
実家暮らしの独身で家にお金をどのくらい入れていますか?
入れていない人はまずいないと思いますが
食費程度、と4,5万で済ませているとしたら
それは本当にラッキーだと考えてください。
一人暮らしをしたら4,5万で生活なんて「絶対に」
出来ませんから。

 

だとしたら、それ以外のお金をどうするか?
それらを「一人暮らししたとして貯金」とするのです。
例えば家賃分、これを全部貯金する。
5万、7万でも10万でもいいです、毎月必ず貯金する。
無いものとして積み立てていくのです。
実家暮らしをしているからこそできる貯金なのですから。
そしてその貯金には絶対に手を出さない。これです。

 

またボーナスなどの臨時収入も必ず貯金する。
この貯金については自分へのご褒美などの
出費を少しだけ残しておくこともポイントです。
ですが半分以上は貯金する(最低でも半分)ことです。
例えば家賃も数年たてば更新しなければならず
その時には家賃数か月分の更新料がかかりますから
それを見越して、と考えればOK。

 

さらに冠婚葬祭費、これも大事です。
結婚式等での突然の出費は大きいですが、たいてい数か月
前には予定が分かっていますよね。
ですので、半年に一度のボーナスでその分を少しずつ
貯めておきます。

 

上記のことをするだけでも年間でかなりの金額が
手元に貯まっていくはずです。
お金は黙っていて貯まるものではありません。
人生で貯金はいつでも出来るものではなく、
出費がかさむ年が続くことも場合によってはあるのです。
ですから「貯金は出来るときにしておく」ことがとても
大切なのです。

 

さあ、実家暮らしのみなさん、ぜひ今日から貯金生活
始めましょう!!