お金の知恵袋

気がつけば妻が多重債務者に!:おまとめローンで債務を1つに

私が知らない間に、妻が多重債務を抱えてしまっていました。
あちこちのクレジットカード会社から借金してしまい、
数年で300万円くらいに膨らんでしまっていたのです……。

 

妻は薬剤師のパートをしているため、パートとしては割高の
給料をもらっているのですが、逆にそれでなんとかなると
思っていたのが、どうにもならなくなった、ということでした。

 

もう後戻りできなくなるかも、と悩みに悩んだ末、3年ほどで
300万円に膨らんだ債務について、私に打ち明けたわけです。

 

私は、憤りよりも、これまでいかに家庭を顧みていなかったか
と反省しました。

 

なぜなら、薬剤師の仕事は神経を使うし、激務です。
私は仕事で毎日帰りが遅く、休日出勤もたびたびという生活で、
そんな中、妻は家事や3人の子どもの世話を一手に引き受け、
次第に外食など無頓着にお金を使うようになってしまったようでした。

 

ブランド物を買ったり、エステに散財したりといった贅沢三昧をしたのではありません。
ただ、日々の節約を怠ったことが積み重なった結果でした。

 

幸い、私の仕事も落ち着き始めていましたので、2人で話合い、
私が責任を持って彼女の債務を返済できるように取り計らい、
彼女は彼女で家計の管理に努める、ということになりました。

 

さて、整理してみるとなんと12枚のクレジットカードが絡んでいました。
中には、私の仕事の関係で、形だけ作ってもらったクレジットカードもありました。
仕事上の義理を果たした後は、早々に解約すればよかったです。

 

それぞれの返済をそのままにしておいてもよかったのですが、
ちょっと数の多さに途方にくれてしまう感じでしたので、
銀行のおまとめローンを利用することにしました。

 

債務を一本化することで、1本の借入金の額面が増額されます
から、その分金利も安くなります。

 

一応、私の給料なら、妻がしっかり家計管理しさえすれば十分
に支払能力がありますから、なるべく返済が長期化しない計画
を立て、無駄な金利を発生させないようにもしました。

 

債務整理の手続きを踏んでもよかったかもしれませんが、法的
な手続きが絡むと何かと面倒ですし、債務を減らせたとしても、
妻がブラックリストに載ってしまうのは避けたかったのです。

 

お金に関することは、家族内と言えどもなかなか相談しづらいかもしれません。
でも、私がとったような方法もありますから、キズが浅い内に、打ち明ける必要があると思います。
たとえ、キズが深くなっても、勇気を出して早めに対処するのが一番ですね。